新着情報

NEWS

福井県社会福祉士会様の研修

2022/01/13
news

1月13日、福井県社会福祉士会様のオンライン研修「月例サロン」で、当財団のアドバイザーを務める久保田あきみさんが「生き辛さを抱える中での家計管理を考える~親なきあとでもお金を守るために大切なこと~」と題して講演しました。

 

久保田さんは、自身も知的障がいのある娘さんがおり、ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士として活動しています。

https://fp-womanplus.com/

講演で久保田さんは、支援者が金銭管理の的確な知識を持つことの重要性を指摘。キャッシュフロー表をグラフにする「見える化」や、お札を小袋に分けてやりくりするようアドバイスすることで、知的障がいのある人に貯金を促すことができる―と語りました。

 

今回の研修には、お寺と教会の親なきあと相談室 越前支部が協賛しました。越前支部は、真宗出雲路派長慶寺(福井県越前市)に設けられています。

 

また、社会福祉士に交じって、相談室支部の開設を検討する他のお寺の住職も聴講しました。親なきあとのさまざまなご相談に対応するため、これからも学びを深めていきたいと考えています。

 

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます